ママは朝型ブロガー バイリンガル教育101

東京でバイリンガル育児をするアラフォーママ。子育てやインターナショナルスクールスクールについて情報発信中☆

【賢い子に育てたい】英語教育も大事だけど「国語力」をどう伸ばす?

こんにちは!トーフーです!

 

お子さんに英会話を習わせたいと思っても、

「まず日本語が大事なのでは?」

と思いませんか?

 

私も、その点をすっごく悩んでいます。

 

我が家は、母親の私が英語に前のめりになりがちですし、

息子はインターナショナルスクールに通っているため、

日本語のレベルが年齢に対して低くなっていないか

気にしています。

 

そんな時、この本を読みました。

お母さんだからできる! 男の子の国語力の伸ばし方

お母さんだからできる! 男の子の国語力の伸ばし方

  • 作者:高濱 正伸
  • 発売日: 2013/05/17
  • メディア: 単行本
 

 

 男の子のママがすべき国語力のサポート

f:id:ilovetofu:20200812134459j:plain

読んだきっかけ

 3歳の息子は、英語以前に、日本語のことばの発達も遅く、

2歳くらいからずっと気にかけていました。

 

今は、日本語を話すようになったとはいえ、

同年齢の男の子と比べても

語彙も少ないです。

 

日本語の本を読み聞かせようとしても、

自分で眺めるのが好きなので、

読み聞かせも聞こうとせず、、、。

 

この子、日本語のインプットをしようとしてないのに、

インターナショナルスクールで英語漬けになってる。

どうしよう・・・。

 

そんなとき、テレビで見た「花まる学習会」の先生の本を

手に取りました。

 

以下、内容を覚書もかねてまとめてあります。

男の子のママが抱く不安

f:id:ilovetofu:20200722120738j:plain

「男の子ってわからない!」というママに、

著者の高濱先生いわく、

お母さんにとって、男の子は二重の意味で別の生き物です。

「大人の女性」のママにとって、「異性の幼児」だから。

お母さんは、カブトムシを飼っているつもりで、どんな生態系なのか

観察ししながら学んでいけばいいんです。

とアドバイスしています。

 

それを読んでホッ💛

 

そして、男の子に関してよくあるパターンを紹介しています。 

 

①物語に興味がない

男の子は女の子と比べて、他者性が育つのが遅いため、

感情移入できない。主人公の気持ちもわからない。

 

②集中しすぎる

集中しすぎて、ママが何度も呼んでも聞こえない。

しまいにママが怒鳴って初めて気づくので、

「ママはいつも怒っている人」と感じてしまう。

 

男の子のママがやるべきこと

「国語力」は家での環境が決めると言い切れそうです。

 

①親子の会話のキャッチボール

ママが「今日何したの?」「楽しかった?」と質問攻めにするのはダメ。

子どもに「ママに質問してみて。」と質問を考えさせて、

会話のキャッチボールをする。

 

②外遊びからいろいろ経験させる

自分の経験がないと、感情移入ができない。

 

③親の会話から子どもは語彙を増やす

「燃えるような夕日だね」

「雲がひとつだけ浮いてるよ。さみしそうだね。」

など、比喩を使ったり、どんな感情があるのかを口に出して伝えることで、

こどもは「こういう風に感じるんだ」と理解していく。

 

④説明させる

「どんなお話だったの?」と聞いて、「おもしろかった。」だけで終わらせない。

桃太郎なら、「桃太郎が3人の家来をつれて、鬼ヶ島へ鬼を退治しに行った話。」

など、「だれがなにをしたと説明できる」ようにする。

「内容をまとめて伝える力」をつけるには、親も「要するに・・・」

と常にわかりやすく意識する。

 

⑤ゲームで力を磨く

●しりとりゲーム(3文字の言葉に限定するなど、レベルを上げる)

●俳句を作る

●定義と事例ゲーム(「○○は△△です。」のあと、「たとえば、□□」と言わせる。)

●囲碁や将棋(論理力を磨く)

●道順を説明させる 

まとめ

「ことば」は、コミュニケーション力や思考力、情緒の土台だと思います。

 

また、「お勉強」という視点からも、

国語ができないと、質問で聞かれている内容がわからないので、

他の科目もできないですよね。

 

この本は、

国語力の重要さ

男の子の傾向

対策

がわかりやすく書かれていて、とても参考になりました。

 

 

漢字の練習やノートの取り方など、「3歳の子どもにはまだ早いかな」

と思う内容省略し、かなりシンプルなまとめ方をしました。

もし、ご興味がある方はぜひお手に取ってご覧ください☆

 

 関連記事も合わせてどうぞ☆

 

www.ilovetofu.info

 

 

 

 

 

ポチっとしていただけると人気ランキングが見られます☆

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
にほんブログ村