ママは朝型ブロガー バイリンガル教育101

東京でバイリンガル育児をするアラフォーママ。子育てやインターナショナルスクールスクールについて情報発信中☆

イヤイヤ期を乗り切るコツ!

 

こんにちは!トーフーです😃

 

イヤイヤ期のお子さんを子育て中の

パパママ~生きてますか~?

 


先日、イヤイヤ期を乗り越えるための、

 

CAREプログラム

 

という講座に参加してきました!

 

 

 

イヤイヤ期を乗り切るCAREプログラム

f:id:ilovetofu:20200806140836j:plain

CARE って何?

Child-Adult Relationship Enhancement

子どもと大人の絆を深めるもの

で、

アメリカで考案された心理教育プログラムのことです。

 


講座は2部に分かれていて、

前半・・・子どものリードについていくことで、自尊心を育てます。

後半・・・前半で築いた温かい関係を土台として、子供に適切な指示を出すスキルを学ぶ

という内容でした。


子供の自尊心を育てる

f:id:ilovetofu:20200727130251j:plain

そのためには、

親が子供のリードについていく時間を取ることが必要だそうです。

 

みなさん、親と子供のコミュニケーションのうち、

親が質問しているのは何パーセントくらい占めていると思いますか?

 

なんと、70% 

も親が質問しているそうです。

 

確かに、2~3歳のイヤイヤ期の子は、

おしゃべりもまだ上手じゃないので、

ママは質問ばかりになりがちです。

 

私もハッと気づけば、

「何描いてるの?」

「何作ってるの?電車かな?」

・・・と質問ばかり💦

 

そのため、子供は自分の遊びに集中できないそうです!!

 

じゃあどうすればいいか?

まず、子どものリードについていく時間を毎日3〜5分間取ります。

ポイント は、

 

●「これから特別な時間だよ」と伝えて、遊びの時間を確保してから始める。

●きちっと時間を区切る。

●危ない行動をしたらさえぎってもOK!

 

ことです。

そして、決めた5分間は、子供に自由に遊ばせて、親は質問をしないで

じっくり付き合うのです。

 

私が3歳息子と試したところ、

何度も質問しそうになり、そのたびにガマン。

いかに毎日質問攻めにしていたかわかりました💦

 

自尊心を育てるキーワード 

f:id:ilovetofu:20200806141307j:plain

子供のリードについていく時間、

何を意識したらいいでしょうか?

 

やらないこと3つ、やること3つにまとめました。

 

減らしたいスキル 3K

①命令(コマンド)

②質問(クエスチョン)

③禁止否定(キンシ)

 

使いたいスキル 3P

①繰り返し(Paraphrase )

子供に耳を傾けていることを示すため。

子供の言っていることを受け入れ理解していることを示す

会話が増える

 

②行動を言葉にする(Point out)

実況中継することで、話し方の手本を示す。

気の散りやすい子供の集中力が保たれる

 

③具体的に褒める(Praise )

気をつけるのは、子供の作品を褒めるのではないこと

 


いかにしつけをするか

f:id:ilovetofu:20200806141728j:plain

 子供は関心をもってもらいたいもの。

なので、逆に、戦略的に注目を与えないようにします。

(スルーする)

 

ポイント↓ 
①子供の不適切な行動に対し、見えないか聞こえないフリをする

②中立的に!(眉をひそめたりしない)

③子供が適切な行動をとったら、すぐ注目して具体的に褒める!

 


よい指示の出し方9ポイント↓

1発達や年齢に相応しく

2ていねいで中立的に落ち着いた声で

3明確かつ直接的に

4肯定的に

5指示は一度に一つ

6指示は具体的に

7選択を提示する

8説明は少なく

9「5秒間」ルール(5秒待つ)

 

 

では、
従うことがそれほど重要でない場合、

(例えばシャツをズボンに入れる等)はどうでしょうか?

 

ポイント↓
全く同じ言葉で繰り返す 3回まで

指示と指示の間は5秒間待つ

従わない時は、視線をそらしたり、注目を与えないようにする。

 

これは私も他の参加者さんも

微妙な反応でした(笑)

 

まとめ

イヤイヤ期であってもなくても、

こどもの自尊心を育て、

ちゃんとしつけることって、

難しいと思います。


講師の方が、しつけをアルファベット4文字で

まとめていました。

 
TIME 

 


Teach       まず教える

Instruct     親が示す

Monitor     見てチェック

Encourage  励ます

 

言うは易く行うは難し・・・。

 

でも、一日5分でも、

子供のリードに親がついていく時間を作ると、

子供との関係が良くなる気がしました。

 

みなさんも、ぜひお試しください☆

 

合わせてどうぞ↓

 

www.ilovetofu.info