ママは朝型ブロガー バイリンガル教育101

東京でバイリンガル育児をするアラフォーママ。英語フレーズやインターナショナルスクールスクールについて情報発信中☆

【カナダ好き?】知っておくべき歴史

こんにちは!トーフーです!

  

みなさんはカナダに行ったことがありますか?

 

「赤毛のアン」しか知らないという方にぜひ読んでほしい

です。

 

カナダの短い歴史の黒い一幕

 カナダのことがにニュースに!?

f:id:ilovetofu:20210605060815j:plain

カナダって、知名度あるけど、

アメリカや中国みたいに、毎日国際ニュースにならないですよね。

 

わたしの記憶では、

カナダのことが最後にニュースになったのは2015年。

トムクルーズ並にイケメンの若いトルドー氏が首相に

なったことじゃないでしょうか。(大げさじゃなく・・・)

 
しかし今回は、「200体以上の子どもの遺骨が発見される」とい

ショッキングなものでした。

time.com

 

今日は、カナダの先住民族の話に触れます。

 

「First Nations」って何?

アメリカの先住民が「Native American」というように、

カナダにももともといた民族は

「First Nations(ファーストネーションズ)」

と呼ばれています。

 

あとは、

「indigenous(インディジェノス)」=先住民の

は、アメリカやカナダに限らず他の国でも使えます。

 

「文化的ジェノサイド(集団虐殺)」?

カナダではつい最近(1960年代)まで、First Nationに対して

同化政策があり、

First Nationsの子供たちは親から無理やり引きはがされて

寄宿学校生活を強制させられていました。

 

校内では不当な扱い、虐待を受け、

多くは生きて帰って来ませんでした。

 

今、First Nations の人々が

慢性的な薬物中毒やアル中、

家庭内DVに慢性的に苦しんでいるのは、

この同化政策がルーツだとも言われています。

 

 「なぜ学校跡地で215人もの子どもの遺体が」?

 まだ発見されたばかりで、いつ?なぜ?

ということはこれから調査されます。

 

寄宿学校はカナダ全土にたくさんあったので、

こうした犠牲者の集団墓地がほかにもある可能性があります。

 

カナダ政府の対応

今回の遺体の発見は、

カナダの歴史(短い)の最悪の部分のひとつ。

 

名もない215人の子どもの遺体には3歳の子もいたようです。

 

”若きイケメン”トルドー首相のコメントに

ワタシも泣けてきます。

 

As a dad, I can't imagine what it would feel like to have my kids taken away from me.

(父親として、子どもを無理やり取り上げられたらどう感じるか、想像すらできない。)

 

カナダでは、

 

カナダ全土で弔意を表して半旗が掲げられ

The national flags have been lowered to half-staff.

 

at half-staff: 半旗を掲げる

 

子ども用の靴を並べて追悼する光景が見られました。

Pairs of children's shoes are placed in front of churches as a memorial to the 215 children.

 

まとめ

先住民の同化政策って、

今でもアジアの一部では大きく取り上げられて

国際社会から非難されていますが、

 

カナダのような、(オーストラリアでも)

平和な発展した国で、つい最近まで行われていたと思うと

胸が張り裂けそうです。

 

今回、遺体が発見されたカナダの小さな町は、

私が住んでいた町にも比較的近く、

本当にショックでした。

 

First Nations の方々のためにも、

調査を徹底的にして、

適切な弔いがあるべきです。

 

インスタグラムもぜひ☆

「おうち英語」で英語絵本を読ませたい!

インターナショナルスクールや大手英会話教室では

どんな英語絵本が使われているの?

興味のある方はぜひのぞいてみてください☆

https://www.instagram.com/p/CGdxh9kBY83/?utm_source=ig_web_copy_link

 

 

ポチっとしていただけると人気ランキングが見られます☆

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
にほんブログ村