ママは朝型ブロガー バイリンガル教育101

東京でバイリンガル育児をするアラフォーママ。子育てやインターナショナルスクールスクールについて情報発信中☆

【賢い子供を育てたい!②】1人目の子の競争心の育て方

こんにちは!トーフーです!

 

有名なアスリートって、

兄弟の下の子ってことが多いようです。

浅田真央ちゃんも、サッカーの本田選手も。。。

 

下の子は生まれた時から、上の子がライバル

おもちゃの取り合いなど、本気で争ってますよね。

アスリートに必要な「競争心」が、

小さいころから自然に育まれています。

 

私は2人子供がいますが、2人目を育てている今、

「下の子って、なんて刺激が多いのだろう!!!」

といつもうらやましく思います。

 

この記事は

●1人目の育て方

●1人っ子の育て方

●「競争心」を育む環境 

に興味がある方におススメです。

 

f:id:ilovetofu:20200729105521j:plain

1人目の子の育て方

下の子の競争心

下の子は生まれた時から、上の子の

おもちゃを取る&取られるという

喧嘩を繰り返しているので、

「取り返すぞ!!」という競争心が

自然に芽生えますよね。

 

うちの下の娘を見ていても、

絶対に勝てないでしょう~という

3歳の兄に向って、何度も突進しており、

押し倒されてもあきらめません。

 

こうやって精神力が鍛えられるんだろうなぁ~と

関心してみています。

下の子のメリット

生まれた時から、上の子が周りで走り回ったり、

おしゃべりしたりするし、

親も上の子に合わせてお出かけするので、

下の娘は、3歳レベルの刺激を0歳から受けています。

 

こどもちゃれんじも、

娘は実年齢より3つレベルの高いコース

受講しているようなものです。

まさに、飛び級!!!

f:id:ilovetofu:20200729105645j:plain


 

1人目の子に競争心をつけさせるには?

 

では、刺激の少ない1人目や一人っ子の子供は、

どのように刺激を増やせばいいのでしょうか。

 

以前紹介した「脳科学おばあちゃん」は、

男の子を2人育て、上のお兄ちゃんの競争心を育てる方法

2つ紹介しています。

 

www.ilovetofu.info

 

1、親が本気で子供と競争する

「子供だから」と手加減してはいけません。

本気でゲームの相手をする。

とはいえ、子供相手に本気になるのは難しいので、

「親の2点=子供の1点」とするなど、親にハンディをつけます。

 

「言うは易く行うは難し」ですね💦

3歳児相手に本気を出すって、難しいです。

 

私は下の子をおんぶして、重い荷物をもって、

上の子とかけっこしました。

でも、勝てちゃったので、私のスタートラインを

後ろにしました。(私が勝ちました💦)

 

2.同じ年齢の子供と遊ばせる

友達からの刺激や競争心って大きいですね。

親が相手よりもずっと子供は燃えます。

うちも、近所の子供と遊ばせる機会があまりないので

悩ましいのですが・・・。

 

参考文献はこちら↓

 

カヨ子ばあちゃんの男の子の育て方

カヨ子ばあちゃんの男の子の育て方

  • 作者:久保田 カヨ子
  • 発売日: 2012/07/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

まとめ

私は長女なので、

親も子育てが初めてで、保守的

育てられたと思います。

 

NHKの「お母さんといっしょ」を、

かなり大きくなっても弟に合わせて一緒に

観ていたり。。。時間の無駄でしたよね~。

 

1人目の子供だから自分が嫌な思いをした経験もあり、

自分の長男には、もっと刺激を受ける環境を

与えたいなあと思っています。

 

まぁ、競争心なく、おおらかに育つのもいいと

思いますが、世の中、恋愛でもなんでも勝ち負けはあるので、

競争心って大事なのではないでしょうか。

 

みなさんはいかがですか?

 

 

www.ilovetofu.info

 

 

 

 



 

 

ポチっとしていただけると人気ランキングが見られます☆

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
にほんブログ村